実は以前にもWordPressでブログに挑戦したことがありますが、見事に挫折してしまいました。そのときは無料テーマを使っていましたが、見た目のカスタマイズに手間取ってやりきれなくなったという感じです。

今は有料テーマを使って再挑戦しています。今では以前の問題はすっかり解消されています。

無料テーマを使っていたとき

文章が書けないことはさておき、無料テーマを使っていたときは、

  • 装飾に手間取る
  • 機能のカスタマイズに手間取る

と言う問題を抱えていました。こう書くと大した問題ではないように見えますが、僕にとってはこれが大変ストレスでした。

見た目のカスタマイズに手間取る

無料テーマを使っていたときは、見出しなどを装飾するのに「CSS」とかいう謎言語を使わなければなりませんでした。

CSSを使うと、文字の色やサイズや位置を調整したり、見出しを囲ったり下線を引いたり、それらを微調整したりしたりできます。これは大変でした。どんなにいじってもしっくりこなくてゲシュタルト崩壊に似た状態になり、時間ばかりが過ぎていきました。

今になってみれば、どうしてそんなに細かいことにばかりこだわっていたんだろうと思います。

機能のカスタマイズに手間取る

WordPressでは、「プラグイン」というものをインストールして機能を追加することができます。なので、素直にプラグインを使えばいいのに、「プラグインをごちゃごちゃ盛りたくないからできるだけ作る」という謎の意識の高さを発揮してしまいました。カスタマイズブログで紹介されているコードをコピペしてみたり編集してみたりしても思ったように機能せず、やはり時間ばかりが過ぎていきました。

ただでさえ文章を書くのが苦手なのに、その上カスタマイズなんてとてもやりきれませんでした。上のような見出しの設定にも苦労したほどです。

無料テーマを使ったサイト運営を通してわかったことは、自分が割と重度のIT音痴だったということです。ITで飯を食ったり、アプリやテーマを自作してる人は本当にすごいと思いました。そこで、今回挑戦するにあたって、最初からかっこいい有料テーマを買おうと決心しました。

有料テーマの場合

  正確には今回買った有料テーマ「Diver」の場合です。他の有料テーマ全てに当てはまるわけではないかもしれません。

無料テーマを使っていたときは、

  1. 装飾に手間取る
  2. 機能のカスタマイズに手間取る

でした。これが有料テーマを使うと、

  1. 装飾が簡単
  2. 公式にサポートされていない機能は使わない(!?)

となりました。2.のような割り切りは、テーマが有料であること自体の効果かもしれません。有料だから必要なものは全部入ってるという。以下ではこのような効果を有料効果と呼ぶことにします。

1. 装飾が簡単

有料テーマには入力補助機能があります。これを使うとMS Word感覚で文章を装飾することができます。無料テーマ時代はあんなに手間取っていた見出しも一発です。さらに、有料効果によりテーマのデフォルトの設定をそのまま使うようになりました。

2. 公式にサポートされていない昨日は使わない

これは半ば諦めのようにも見えますが、上記のような入力補助機能があるように、有料テーマは機能が豊富です。プラグインもDiver公式ページに書いてあるものだけ使うことにしました。無料テーマ時代はあんなに必死こいて作ろうとしてた折りたたみメニューは、入力補助でこのように一発です。

折りたたみメニュー

 

このような有料テーマのメリットにより、記事の作成だけに集中することができます。つまり、僕が苦手な文章作成に力を注ぐことができるので、なんとか記事を更新していけるだろうということです。

また、有料テーマを使うと他にもいいことがあります。

その他のメリット

有料テーマを使うと記事の作成時間を大幅に短縮できるだけでなく、

  1. サポートが良い
  2. SEOが強い

というメリットもあるそうです。

1. サポートが良い

有料なだけあってマニュアルは充実しているし、問い合わせにもちゃんと答えてくれるみたいです。まだ問い合わせたことはありませんが、「Diver」はサポートの評判がいいです。

2. SEOが強い

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

有料テーマなら最新のSEO対策がされているので、集客力が違うらしいです。中には有料テーマに変えただけでアクセスが増えたというブログもありました。

まとめ

有料テーマにしたことによって、装飾や機能のカスタマイズにかかる時間がほぼ0になり、面倒なカスタマイズとサヨナラできました。また、手厚いサポートと最新のSEO対策も有料テーマの強みと言えます。

おすすめのレンタルサーバー
おすすめの記事