アイキャッチなどの画像作りにこだわっている場合ではない段階で、画像素材サイトで時間をかけずにイメージに近い画像を探す方法についてまとめました。ブログの途中からですが、僕は画像をCanvaで編集して使うことにしています。編集して文字などを入れてしまえば多少は誤魔化せてしまうので、イメージにぴったりの画像じゃなくても大丈夫だと考えています。

ちなみにこの記事は今までで一番文字数が少なく、1100文字程度になっています。文字数のイメージも参考になれば幸いです。

背景と目的

ブログの記事を作成するとき、アイキャッチ画像や、文章を読みやすくするための画像を用意する必要がありましたが、この画像探しに必要以上に時間がかかってしまっており、文章作成に割ける時間が少なくなっているという背景がありました。僕のようなブログ初心者は特に、画像選びに時間をかけている場合ではありません。

そこで、画像探しをサクッと済ませ、文章作成に力を注げるようにしたいと考えました。

画像の探し方

探し方を要約すると、イメージに合う雰囲気の画像を見つけ、その作者の作品をチェックするというものです。僕はPixabayを使っていますが、作者ごとに画像がまとめて見られてるところならどこでもいいと思います。

それではPixabayで探す場合について説明というと大げさですが、説明していきます。

1. 雰囲気が合う画像を探す

画像の探し方は2つあります。ロボット型とディレクトリ型です。ロボット型は、キーワードを入力して検索する方式で、いわゆる「ググる」というやつです。ディレクトリ型は、サイトの中の人がカテゴリ分けしたものから探していきます。

ロボット型

Pixabayトップページ上部(2018年10月22日時点)

Pixabayのトップページの上の方に検索ボックスがあります。ここにキーワードを入力して検索します。Pixabayはもともと海外のサイトらしく、日本語のキーワードで思うように検索できない時は英語で検索してみるといいかもしれません。

ディレクトリ型

Pixabayトップページ下部(2018年10月22日時点)

トップページの下の方からカテゴリで画像を探せます。キーワードでうまく見つからない時、意外と使えます。

2. 作者の画像一覧を見る

目当ての画像をクリックすると画面右上に作者の名前があります作者の名前をクリックすると、その作者の画像をまとめて見ることが出来ます。作者が同じだと、やはり作品の雰囲気も似てくるものです。そういうものをブログで使えば統一感も出てくると思います。

まとめ

以上をまとめるとこのようになります。

  • 画像探しの手間を減らして文章に時間をかけたい
  • イメージに近い画像が見つかったらその作者の画像をチェック
  • 似た雰囲気の画像が見つかることが多い
おすすめのレンタルサーバー
おすすめの記事