デューカスコピー・ジャパンというFX業者がありますが、この業者ではJForexというソフトを使って取引を行います。このJForexの「スクロールのリンク」という機能が、手動でマルチタイムフレームの手法の検証をするのにかなり便利だと思います。

マルチタイムフレーム分析とは、日足と4時間足と1時間足など複数の時間軸のチャートを見てチャート分析を行う方法です。他のチャートソフトでもできるとは思いますが、JForexでも1つの画面に複数のチャートを表示できます。

見にくいと思いますが、それぞれのチャートのタブの左上が紫色になっているのがお分かりになるでしょうか。これはタブのグループ分けです。このようにJForexではチャートをグループ分けしてスクロールをリンクさせることができます。

上の画像で表示されているのは5分足、1時間足、4時間足、日足ですが、5分足をスクロールすると他の足も自動的に同じ時間までスクロールされるということです。マルチタイムフレーム分析では複数の時間軸を見ますが、このリンク機能がなかったらいちいち複数のチャートをスクロールしなければなりません。このスクロールのリンク機能でマルチタイムフレーム分析を用いた検証が圧倒的に捗ることになる思います。

おすすめのレンタルサーバー
おすすめの記事