ブログの記事を書いているとき、文章以外に何かものすごく時間を取られていることに気がつきました。そう、アイキャッチの画像探しです。複数のサイトを渡り歩いてイメージに合う画像を探し、気がつけば数時間経っていたことも。これはもしかすると自分で作ったほうが早いのでは?と思い、アイキャッチ画像のいい作り方を調べることにしました。

多くのブログが使っているCanva

軽く検索したところ、オンラインで画像の編集ができる「Canva」というサービスを推しているブログが多いことがわかりました。Canvaというのはオンラインで画像の編集ができるツールです。

無料で使えるオンラインツール、Canva。テンプレート集から好みのものを選んでアレンジしていくだけで、デザイン知識がない方でも簡単に美しいグラフィックを作成できます。

登録しないと使えないのが弱点ですが、名前、メールアドレス、パスワードだけで登録できるので簡単です。

商用利用についても念の為確認しましたが、このように問題なく使えます。やったぜ!

Canvaで作成したクリエイティブの著作権は100%ユーザー側にあり、商用利用なども認められている。また、デザインに利用した素材などに関しても利用の許諾が与えられる(利用規約の範囲内で)。

本当に使いやすかったCanva

早速ですが、これがCanvaの編集画面です。

素人にはよくわからないインジケーターなどもなく、とてもシンプルですね。パワポのようにページを追加して次の画像を編集できます。画面上部では、画像の色や透明度など調整できます。「パブリッシュ」の左側の矢印は作った画像をダウンロードするボタンです。

canva編集画面

canva編集画面

左のアイコン群では素材を画面上に置いていきます。編集エリア(白いところ)左上の「ページ」のところをクリックするとページを追加したり移動したりできます。

一応、左のアイコン群についても簡単に表にまとめておきます。

テンプレート 背景の画像と文字と図形をあらかじめ組み合わせたものを選べます。それぞれの部品は編集することができます。
素材 用意された写真や図形、アイコンなどを使うことができます。アイコンだけでも結構数があり、背景をベタ塗りしてアイコンをポンとおくようなアイキャッチなら、やりようによってはここでまかなえてしまうかもしれません。
テキスト 文字を入れることができます。最初からレイアウトされているものもかっこいいですし、選べるフォントも数えるのが嫌になるくらいあります。
背景 綺麗な背景(小並感)がたくさんあります。
アップロード 手持ちの素材をアップロードして使うことができます。
フォルダ 購入したものがまとめられていたりするようです。30日間無料で試せます。
アプリ 有料で便利なアプリが使えるようです。30日間無料で試せます。

じゃあどんなのが作れるの?

それでは具体的にどんな画像が作れるのか例を挙げていきます。

まずはこの記事で使っているアイキャッチでありトップの画像です。

これは、

  1. 素材の四角を画面いっぱいに編集エリアいっぱいに配置して色を赤に
  2. 同様に白い四角を画面いっぱいに配置して透明度を調整
  3. 素材から画像を選んで配置
  4. デキストで文字を挿入

という手順で作っています。

次に、一つ前の記事までのアイキャッチと同じ方法で作ったものです。全体の色を白っぽくして文字を重ねやすくしています。

手順は、

  1. 背景を設定
  2. 素材を配置
  3. 白い四角を編集エリアいっぱいに配置し透明度を調整
  4. 文字を挿入

です。

そして最後の例です。今までとは違い、はっきりした感じのデザインです。ここで使った素材も全て用意されていたものです。

手順は、

  1. 背景を設定
  2. 素材のキャラクターを配置
  3. 吹き出しを配置し角度調整
  4. 文字を挿入

です。

以上3つの例を出しましたが、操作に慣れ素材に迷わなければ、どの画像もカップヌードルを作る間に完成すると思います。

ちなみにこれらの画像は素の状態では容量が大きかったたので、ImageOptimというmac用のソフトを使って容量を小さくしています。画像のサイズは200kBくらいにすればいいんじゃないかという話を聞いたので、そのくらいを目安にしています。

まとめ

  • オンラインの画像編集サービス「Canva」を使ってアイキャッチ画像をサクッと自作。アイキャッチ画像を探す時間を大幅に短縮することができました。
  • 編集画面について簡単に説明し、画像編集の例をあげています。
おすすめのレンタルサーバー
おすすめの記事