サイトの審査がないASP、A8.netに登録しました。どこかで登録するときって、何を入力させられるんだろうと少し不安になりませんか?入力する内容や手順、スムーズに登録するために準備しておいた方がよかったものを紹介するので、よかったら参考にしてください。

※ 登録情報の入力に時間がかかるとやり直しになってしまう部分があります。

準備しておいた方がよかったもの

早速ですが、これが準備しておいた方がよかったものです。A8登録の際、サイトを持っていない場合はA8が提供するファンブログの開設を、持っている場合は自前のサイトの情報を登録します。僕はサイト持ちなので、そちらのパターンで登録しました。

1. 基本的な情報
  • メールアドレス
  • ログインID
  • パスワード
  • 銀行口座の情報
2. サイトの情報
  • サイト開設日
  • 月間訪問者数
  • 月間ページビュー数
  • サイト紹介文

1. 基本的な情報

1. メールアドレス 僕はエックスサーバー・ASP用のアドレスをグーグル先生のところで作りました。サーバーとASPを一つのアドレスにまとめています。

登録するメールアドレスは後で変更することもできますが、最初から分けてスッキリ管理した方がいい気がします。

2. ログインID ログインIDは後で変更することができません。普段は表示されないようなのでさほど気にすることはないと思いますが、僕のように優柔不断な人は事前に考えておいた方がいいかもしれません。

ログインIDには、abc, ABC, 012などが使えます。文字数は6文字以上20文字以内です。

3. パスワード パスワードにはabc, ABC, 012, $#%などが使えます。文字数は6文字以上24文字以内です。

当然パスワードは後で変えることができます。セキュリティ的にも定期的に変更した方がいいでしょう。

4. 銀行口座の情報 金融機関名、支店名、講座の種類(普通・当座)、口座番号が必要になります。

2. サイト情報

サイトを持っている人は、そのサイトの情報を登録します。

1. サイト開設日 何年何月まで入力すれば大丈夫でした。
2. 月間訪問者数・月間ページビュー数 グーグルアナリティクスで確認して入力しました。A8は審査なしなので、ここはいくつでも大丈夫でしょう。
3. サイト紹介文 サイトの紹介文を100文字以内で入力します。

登録手順・内容

登録の大まかな手順はこんな感じです。

  1. 3つの規約に同意し、仮登録メールを送る
  2. 届いたメールに記載のリンクから会員情報を登録する

1. 規約に同意し、仮登録メールを送る

まずはA8で使うメールアドレスを入力しておきます。そしてこの3つの規約に同意します。

  • 利用規約
  • ファンブログ利用規約
  • 個人情報の取り扱いについての規約

僕はサイト持ちなのでファンブログは使わないんですが、一応読んでおきました。しかしめんどくさいですよね。規約をきちんと読む人の割合はたった15%らしいです。

利用規約をきちんと読むのはたった15%。読まない理由は「めんどくさいから」。

同意にチェックを入れたら「仮登録メールを送信する」ボタンをクリックして仮登録メールが届くのを待ちます。
10分以上届かない場合は迷惑メールフォルダとかに紛れ込んでないか見てみてということでしたが、僕はすぐ受信フォルダに届きました。

2. 仮登録メールに記載のリンクから会員情報を登録する

ここは大きく分けて3つのステップに分かれます。

  1. 住所などの基本情報
  2. サイトの情報
  3. 口座情報

それぞれのステップで入力する情報は次の通りです。マーカーを引いたところは事前に準備しておいた方がよいと思ったものです。

STEP1

ログインID パスワード
個人、法人などの区分 氏名
フリガナ 電話番号
生年月日 性別
住所

STEP2

サイト名 サイトURL
サイトカテゴリ サイト開設日(月まで)
月間訪問者数 月間ページビュー数
サイト紹介文(100文字以内)

STEP3

金融機関名 支店名
口座の種類(普通 or 当座) 口座番号

これらが入力できたら内容の確認画面に移ります。このときおすすめプログラムへの提携申し込みがあるので、貼りたい広告があればチェックを入れたままにしておくといいと思います。

まとめ

1. 基本的な情報
  • メールアドレス
  • ログインID
  • パスワード
  • 銀行口座の情報
2. サイトの情報
  • サイト開設日
  • 月間訪問者数
  • 月間ページビュー数
  • サイト紹介文

これだけ事前に準備しておけば、入力中に時間切れになることなくスムーズに登録できると思います。

A8.net

おすすめのレンタルサーバー
おすすめの記事